5W1Hを意識してビジネスをシンプルに!

こんにちは美香です。

 

今日は、ビジネスの基本の一つについて、
お伝えしたいと思います。

 

5W1H」は、どなたでも知っていますよね。

プライベートにおいても、ビジネスにおいても、
「5W1H」は色々な場面で使っています。

みなさん、意識するまでもなく、
自然に身についているでしょうか。

 

今日は、ビジネスシーンでの使用について。

 

何かを始めるとき、
プレゼンテーションするとき、
ミーティングで話しをするとき、
文章を書くとき、
など、色々なシーンでこの「5W1H」を使ってます。

 

仕事ができる人やコミュニケーション能力の高い人は、
自然に5W1Hを使っているので、
自分が伝えたいときは、効果的に伝えることができ、
自分が聞くときは、情報を漏れなく収集し、整理し、
状況を理解することができるのです。

 

・When(いつ)

・Where(どこで)

・Who(だれが)

・What(何を)

・Why(なぜ)

・How(どのように)

 

簡単なことですが、結構これができていない人が多いです。

 

話しをするときに、5W1Hができていれば、
大抵のことはきちんと説明できるはずですが、
聞き手からは、
あれ?何を言っているかわからない、
あれ?話しが飛びすぎて理解できない、
ということが結構起こっています。

 

基本的には、

「When → Where → Who → What → Why → How」

の順番に使うのがイメージがつきやすいです。

この順番で話しをすると聞く側もイメージがつきやすく、
理解を得られやすくなります。

また、この5W1H、ビジネスシーンに応じて、
応用しても使うことができます。

 

例えば、

有名なスティーブ・ジョブズの初代iphoneのプレゼンテーション。

 

スティーブ・ジョブズは、
まず「Why(なぜ)」を明確に伝え、
聞き手に高い納得感を与え、
その後のHow(どうして売るのか、購入するのか)、
Who(誰に)・・・への期待感を高めていったのです。

 

「Why → How → Who→ What → When → Where」

 

この順番は、最初に興味を引きたいと思うプレゼンや、
プロジェクトにも使えます。

 

順番を変えるときは、
相手に高い理解を与える順番にすること、
5W1Hの問いを目的によって適切な問いに置き換えること、
の2点を意識して使うと良いです。

あくまでも、自分目線ではなく、相手目線で考えましょうね。

 

一見このシンプルな5W1H、
普段から使ってみると、
頭の中も整理されて、
実は本質的なものも見えてくるのです。

またアイディア発想の場面でも大いに役に立つと思います。

 

普段から、この5W1Hを使って、
自然と身につくようにすると、
仕事の幅も広がるのではないでしょうか。

 

まずは、ご自身の仕事のことから書いてみると良いでしょう。

そして、
普段から書き出してみたり、
頭で整理してみてくださいね。

 

次回は、この5W1Hの続き、
をお伝えしますね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

美香

技術を身につけて起業・開業したい方、週末プチ起業したい方、余暇を楽しみながらお金にしていきたい方、独立を目指している方、このままではいけない何かしたいと考えている方など、お気軽にお問合せください。

お問合せはコチラまで。

購読者登録フォーム

起業に必要なビジネススキルのこと、プリザーブドフラワーのことなど、最新情報をお届けします!

ビジネス
岡田 美香をフォローする
東京プリザーブドフラワー教室【GRiDS Flower】

コメント

タイトルとURLをコピーしました