ワイヤリングとテーピング【プリザーブドフラワーレッスン】

プリザーブドフラワーを仕事にするための技術とビジネススキルを身につけて、

好きを仕事にする!

プリザーブドフラワーを仕事にするプロデューサー

岡田美香です。

日が空いてしまいました。

今日は、プリザーブドフラワーの準備編、

ワイヤリングとテーピング、その1です。

今日は、一番多く使われているバラのプリザーブドフラワーに

ワイヤリングとテーピングをしてみましょう!

まず、ワイヤリング。

私は、小さな茎以外は、茎に2本通します。

クロスさせて刺します。

茎に刺さりにくい時は、ワイヤーを斜めに切って刺しましょう。

こんな感じになります。

これが基本で、花の特性によって、ワイヤーの刺し方が変わります。

茎が小さいときは、1本だけ刺します。

ワイヤーの太さも色々ありますので、

お花の大きさによって、変えます。

さて、ワイヤリングが終わったら、テーピング。

アレンジメントをするときに茎(ワイヤー)が見えることがある場合は、

テーピングします。

まずフローラルテープの両端をもってギュッと伸ばしましょう。

そうしないと、巻が弱くなります。

テープを花首のすぐ下のところから巻きます。

少し巻き付けたら、左手でワイヤーを回して、

右手でテープを持って下の方に巻き付けていきます。

グルグルグルっと。

下の方まで巻き付けたら、テープを切って、

端を押さえつけて完成!

ワイヤリングはこの形は簡単ですが、

テーピングが難しい、という方がいらっしゃいます。

何度がやっているうちに馴れてきますので、

何回もトライしてみてください。

今日は、ワイヤリングとテーピングの基本でした!

次回もお楽しみに~!

美香

=========================================================

プリザーブドフラワーを仕事にするための技術・デザインと

ビジネススキルを身につけて、好きを仕事にする!

プリザーブドフラワーを仕事にするプロデュースする専門家

GRiDS 岡田 美香

HP&ブログ   https://www.nike-c.com/grids/

Facebooku      https://www.facebook.com/gridsflower/

=========================================================

コメント

タイトルとURLをコピーしました