プリザーブドフラワーってどんなもの?実際に見てみましょう!

プリザーブドフラワーで自立して豊かな未来を手に入れる☆

そんな女性をプロデュースする専門家

岡田美香です。

 

昨日はプリザーブドフラワーアレンジメントを作る過程、

準備編をお届けしました。

今日は、準備編の続き、

プリザーブドフラワーって実際にはどんなもの?

というのをお届けしましょう。

 

プリザーブドフラワー自体は、問屋さんで仕入れてきます。

 

私は、当初、プリザーブドフラワーを生花から加工するところから入ってるので、

よく最初に、どうやって作るのですか?

と聞かれるので、結構詳しくお話しするのです。

そうすると、私が生花から作ってる、とよく勘違いされます(笑

 

いえいえ、とんでもございません!

生花から作っていたら、

とてもあんな価格では出せないし

期間も相当かかりますよ

といつも返答するのです。

 

ということで、プリザーブドフラワー自体は、問屋さんで仕入れてきます。

メーカーがいくつかあるので、色もそれぞれ違います。

 

・・・でもメーカーや色によって、

使いやすいとか、

持ちがいいとか、

退色が早いとか、

色々あります。

 

生花と違って、加工の過程で色を付けるので、

どうしても花首と茎・葉に分かれてしまうため、

花首で販売されています。

 

こんな感じ↓

使いかけの写真ですみません。

こんな風に入っています。

↑横から見るとこんな感じ。

 

グリーンは色々あるけれどこんな感じ。

 

お花は、圧倒的にバラが多いです。

なぜかというと、

やっぱりバラが綺麗!

というのもあるし、

バラがプリザーブドフラワー加工し易いのです。

花びらのつき具合がしっかりしていて、花びらが厚いからです。

 

その次にカーネーションやアジサイです。

写真はアジサイイです。

アジサイは、単体で使われるというよりも、副材でで使われるのがほとんどです。

アジサイの水分が抜けるので、

どうしてもあの瑞々しさがでないのです。

 

やっぱり生花には勝てないのですよ。

私も生花は大好きで、家にもよく買って飾ってます。

もらうと嬉しいですしね。

 

だから別に勝つ必要はなくて、共存して、

お互いの役割を果たせれば良いと考えています。

 

プリザーブドフラワーは生花と比べて、入りやすいと思います。

誰でもやりたい!と思えばできるのです。

やる気さえあれば、すぐにできます。

 

ということで、今日はここまで。

次回、ワイヤリングしていきましょう!

花首だけではアレンジできません。

まだまだアレンジには入れません(笑

 

美香

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました